雑なSEXのお誘いをする男性に気をつけて欲しいこと(工藤まおり)

広報アドバイザー、コラムライター

工藤まおり

 

津田塾大学数学科卒。 新卒でリクルートスタッフィングに入社。

人材派遣営業に携わったのちに、1年で退職しセクシュアルウェルネスメーカーTENGAの広報に転職。

TENGAと、女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRに4年携わったのちにフリーランスとして独立。

複数社のPR業務と恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

Twittermaori212

「ご飯行きましょう!」

「会いたいです!」

2年前にSNSのDMを開放して以降、ありがたいこと(?)に顔も見たことない方からこのようなお誘いを受けることがよくあります。

お仕事のご依頼をいただくこともありますし、良いご縁になった連絡も多いのですが、数ある連絡の中には稀にストレスフルな連絡も紛れていたりします。

私の中で一番不愉快極まりない連絡は、

「SEXしようよ!」」

「工藤さんとヤリたいです!

という、雑なSEXのお誘いです。

実際にこのような連絡がきたことは結構あります。 

雑な誘いをうける度に、誰とでも寝る女と思われてしまっていることにうんざりしますし、悲しくなる時もあります。 

こういう連絡があるのは、私が前職、アダルトグッズを扱っている会社で勤務していた経験があるという理由が大きいと思います。

恐らく、「性を発信している女性=簡単にSEXさせてくれる女性」と勘違いされているのでしょう。

生まれてこの方、一度もネット上で出会った方とSEXしたこともなければ、ワンナイトラブの経験すらないのですが・・・。

そもそもなぜ、会ったこともない男性にいきなり身体を許すと思うのでしょうか?

考回路が単純すぎて唖然としますが、私は、男女の勘違いが多いことからすれ違いが起きていると思うのです。

今回この場をお借りして、雑にSEXを誘う男性に向けて、気をつけた方が良いことを執筆させていただきました。

そんなアドバイスをするなんて、お前は何様だよという感じでしょうし、私も一体何様なんだ?という気持ちですが、嫌われない男性を増やすためにも、より快適な生活を送れる女性を増やすためにも、少しまとめてみます。

主観も多く混じってくるとは思いますが、ご興味のある方は是非ご覧いただければ大変うれしく思います。

セクシャルなことを発信している女性=簡単にヤレる女性ではない!

 

まず大前提として、「性を発信する女性は、簡単にSEXができる」という考えをお持ちの方はそちらを改めていただけないでしょうか。

きっと、「セクシャルなことを発信する女性はすぐに股を開く」という勘違いが前提にあるからこそ、簡単に誘って、すぐにSEXができると勘違いしてしまうのだと思います。

性について話すのは、単にそのジャンルの話が好きなだけで、その行為自体を簡単に誰とでもするのではありません。

ただ対話をすることが好きなだけなのです。 

ジェンダー論について話すのも好きですし、性癖の話を真顔で話すのも楽しいです。セクシュアルなネタは飲みの席でも盛り上がりますからね。

でもその好きという気持ちは、「旅行が好き」「寝ることが好き」と一緒で、「性の話が好き」というだけ。

旅行や睡眠が好きな人が、誰でもいいから共にしたいと思うわけではないですよね。

それと同じで、「この話が好き」という感情と、「誰とでもそういう行為をする」は全くもって別の気持ちです。

そのあたりをしっかり分けて考えていただけると嬉しいです。

混同すると、ご自身が嫌われてしまう可能性があるのでお気をつけいただければと思います。

因みに、これに関連することでもうひとつ追加して言わせていただきますと、

マスターベーションをしている女性だからといって、欲求不満というわけでもありませんし、誰かとSEXしたいと思っているわけでもありません

以前、行きつけのBARで「女の子ってオナニーしないでしょ?」という質問に対し、「私は普通にしますけど」と答えたら、「え、そんなに欲求不満なら俺とSEXしようよ!」と誘ってくる男性がいて仰天しました。

マスターベーションは自分で楽しむもの。

SEX は好意を抱いている人と楽しむもの。

好意を全くもってもいない男性に対して、性欲は湧きにくいものです。

 したがって、マスターベーションを日課として楽しんでいる女性がいたとしても、決して誰しもが男性と性行為をしたいと思っているわけではないので、その辺も勘違いをしないようにしていただければ嬉しく思います。

自分に自信があるといっても、魅力を感じなければ誘いには乗りません

 

たまに偉大なる自信をお持ちであろう方から、「僕のあそこは大きいです!SEX是非どうでしょう?」というようなお誘いもきたりします。

男性器が大きければ女性も喜ぶだろうという勘違いも、是非この機会に正させていただければと思います。

男性の男性器の大きさも違いがあるように、女性の膣のサイズも人それぞれ。

男性器が大きすぎると、痛いと感じる女性もいます。

大きい方が好きな女性もいることは事実ですが、

ほとんどの女性は大きさではなく、相性の方が大切です。

ご自身がいかに素晴らしい男性器をお持ちであろうが、社会的地位でいようか、いかに素晴らしい外見をしていようが、いくらお金持ちであろうが。

女性にとって男性自身に魅力を感じなければ、身体に触れたいとは思いませんし、ましてやSEXしたい欲求なんて湧き上がりません。

自分に自信があるということは、大変素晴らしいことだと思います。

しかし、だからといってその女性があなたを求めるかどうかは別です。 

「俺、テクがうまいからしようよ!」と誘う男性も稀にいますが、その場で女性の気持ちを汲み取れずSEXを誘ってくる男性のSEXがうまいわけありません。

SEXは相手の気持ちいい箇所、言われたいこと、お互いが相手のことを考えながら行う行為だと思うので、相手が求めていない時にそういうお誘いをしてしまう男性は、本当にSEXがうまいのかな?とついつい疑ってしまいます。

 女性の気持ちを考え、思いやりのあるコミュニケーションをしっかり取れる人こそが、一番ステキだと思います。

 先日、「私、SEX上手い男性の条件に気付いてしまったんですけど!車の運転が上手な方ってSEXもうまくないですか?」と話す女性とお会いしました。

その話に「あー確かに。」と納得した自分がいました。

相手のことを考えて丁寧に運転ができるかは、とても大切な要素だと思います。

相手と自分がどうであれコミュニケーションは怠ってはいけない

 

散々好き勝手述べさせていただき、不愉快に感じた方もいらっしゃるかと思います。 

でも、私がお伝えしたいことは非常にシンプルです。

たとえ相手がどんな方であろうと、自分がどんな人であろうと、SEXまでの相手とのコミュニケーションを怠らないで欲しいというところです。

身体を求めるのであれば、しっかりと向き合って欲しく思います。

心を開かない限り、身体を開こうとは思いません。

雑なSEXのお誘いをするのではなく、しっかり相手の気持ちを汲んだコミュニケーションが取れてから誘っていただきたいと心底思います。

いくらセクシャルな話が好きそうな女性でも、どれだけご自身に自信があろうとも、会話をして、仲良くなった先にSEXがあります。

SEXにファストパスは存在しません。(風俗は別だと思いますが)

なので、初対面ではなるべく、性的な目で見すぎずに、相手とのコミュニケーションを大切にしていただけたらと思います。

コミュニケーションをすっとばしてSEXのお誘いをすることは、相手に対して非常に失礼な行為だと思います。

そんなことを話していると、「そんなコミュニケーション面倒くさい。とっととヤラせてくれよ!」そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方は、お気に入りのオナホールを探してみてはいかがでしょうか。

最近のものはとても優れていて、私も羨ましいと思うほどです。電動タイプがあったり、吸引タイプのものがあったり。

人とSEXをしたいのであれば、コミュニケーションは必ずセット。

それを放棄して、人を誘うことは辞めていただけたらみんなが平和に暮らせると思います。

最後に 

このようなコラムを書きながらも、前職を退社してからはSEXの雑なお誘い連絡が随分減ったような気がします。 

前職では、そういうような雑なSEXのお誘いの他にも、「工藤さんをオカズにしています!」という、不要な報告を送ってくる方もチラホラお見かけしました。

アダルトグッズを扱っている会社の女性広報担当者は、SEXを気軽に誘っていいし、オカズに気軽にしてもいいなんて思考をお持ちの方もいたと思います。

そんな偏見達が、少しずつ変わってくると嬉しいです。

みんながみんな、性によって誕生しているのですから、性の話は大切ですし当たり前のこと

だからこそ、性の話によって傷つく女性も、嫌われて傷つく男性も少しでも減っていったら嬉しいなと感じます。

それでは最後になりますが、皆様コミュニケーションを大切に、素敵な恋愛と素敵なSEXライフをお過ごしくださいませ。