復縁したい貴女のためにソリューションを書いた。

  • 復縁したい
  • もう一度話をしたい
  • どうしても忘れられない人がいる
  • 失恋してショック状態
  • 次の恋にいくべきなのはわかってはいる
  • 自分でも心を整理できないでいる
  • 距離をおきたいと言われた
  • ケリをつけたい

恋の終わりは辛いものですよね。

これを読んでいるということは、貴女もどれかに当てはまっているということでしょうか?

ご飯も食べられない。勉強や仕事も手につかない。外に出る気もしない。彼のSNSばかり気にしてしまう。人生がダメに思える。突然、泣いてしまうこともあるでしょう。

貴女がどんな想いで、このコラムにたどりついたかはわかります。

文章を書くものとして、その気持ちに全力で答えようと思います。今回は、そんな貴女のためだけに書きますね。

テーマは「復縁を叶える方法」です。

最近失恋したなら簡単に復縁できるかも?

まず最初に考えるべきことがあります。
それは「いつ失恋したか?」です。

なぜなら数日(あくまで目安です)以内に別れた場合、すぐに復縁できるチャンスがあるからです。むしろ完全に失恋したわけでなかった、という感じですね。

彼の「別れよう」も、ただの売り言葉に買い言葉だった可能性があります。

口喧嘩みたいなものです。ついカッとなって「考えたい」「もう別れる」「距離をおこう」と口にしただけかもしれません。彼のモヤモヤがおちつけば簡単にもどることもあるでしょう。

まずは、その可能性を考えましょう。みすみす彼の感情を刺激して、チャンスを逃すことのないようにしましょう。具体的に気をつけるべきは以下です。

  • 何度もLINEや電話をしない
  • 自分の不安な感情をありったけこめた長文を送らない

基本的に「こちらからアクションしない」ことです。不安になるのはわかります。彼がどんなことを考えているのか気になるでしょう。夜も眠れないかもしれません。

woman laying on bed

しかし男には、そっとしてほしいときがあります。

特に、ひっこみのつかない意地を張ってしまったときなんかに。そういうときは放っておくべきです。すると

悪いことしたかもな。俺もアイツが好きではあるんだよな……

と考えもします。

急な失恋でショックなのはわかります。
しかし、グッとこらえることで復縁の確率をあげましょう。とにかくガマンです。約束してください。貴女ならできますよ。

もし彼から連絡がくれば、めでたく復縁──おめでとうございます。

連絡がなくともあきらめてはいけません。失恋から一週間後くらいに「ごめんね」といった短文を送って様子をみましょう。それでも反応がなかったり、あきらかに完全失恋の場合、以下に進んでください。大丈夫。私がついています。

いったん退却して「新しい貴女」として再登場するしかない

復縁の黄金ルールの説明をします。それは、

新しい貴女になること

です。

失恋すると、すぐさま復縁したくなるのはわかります。当たり前のように横にいた恋人がいなくなると不安ですよね。しかし、すぐに復縁をはたすのは難しいのです。

そもそも失恋した原因を解決しないと、彼も復縁を決心しずらいでしょう。また同じトラブルをくりかえすだけかと感じさせるからです。お互い、冷静になる時間が必要です。

ひとまず距離をとならくてはなりません。

しばらく違う人生を歩んで、そこで考えたり感じたことを身にまとって「新しい貴女」として彼の前に再登場する必要があるのです。いわば復縁を叶えるとは、彼のことを一度忘れるくらい生きてみるということなのです。

別れたときの「古い貴女」か、そこから自分磨きを重ねた「新しい貴女」か。どちらとなら彼は復縁してくれそうでしょう?

POINT!

人生のコツは躊躇わず、焦らないこと。

 

どうか信じてください。もしまだ彼との運命の赤い糸がつながっているのだとしたら──そう信じるなら──また出会うことができますから。

ずるずる連絡をとらない自分を暇人にしない

そのときに大事なのは、ずるずる連絡をとらないことです。

失恋はとても辛いことです。つい彼の声を聞いたり、メッセージをやりとりしたくなるでしょう。相手もLINEや電話を返してくれるかもしれません。何かと理由をつけて会いたくなる心が芽生えるかもしれません。

  • 荷物を返さないといけない
  • 友達にもどるだけでいい
  • 前に気にしてたライブの情報を教えたい
  • 最後にありがとうを伝えたい
  • 付き合ってるときの文句をいってやりたい

しかし、ここで、もう一度強調しますが、ずるずる連絡しないことが重要なのです。

彼の立場になって考えてみましょう。

別れたのに、何度もLINEや電話がきては、落ち着いて「惜しいことしたよな、ヨリをもどそうかな……」と反省する時間もありません。めんどくさくなってしまうのです。一人で考えたいときは誰にもありますよね。

それどころか復縁に近いようで最も遠い〝都合のいい関係〟にされてしまうこともあります。そうなると泥沼です。いちばん避けなくてはならないことです。

POINT!

新しい貴女になるためには、彼の人生から、いったん消えるくらいの覚悟をみせること。

 

非常に酷なことをいっているのはわかっています。しかし、いま貴女に必要なのは〝甘い嘘〟ではなく〝苦い真実〟だと思うのです。すみません。

さて、とはいえ、いきなり「ずるずる連絡をとらない」「彼の人生から一度消える」といわれてもピンときませんよね。

そのコツは「自分を暇人にしない」ことです。
彼を忘れるくらいに毎日を充実させることです。自分を磨きに磨いてください。

person spreading glittered nail polish on pink nails

もちろん、そんな気分になれないのはわかります。しばらくは休んでもいいでしょう。泣きに泣くのもいいでしょう。

しかし休息のあとで、貴女は、立ち上がらなくてはなりません。その渦巻く感情を、ポジティブに(人生を前に進めることに)使わないといけません

さもないと未練がむくむく育って、どこにも行けずに同じところをグルグルするだけの執着になってしまうからです。

私は、貴女に、どうか人生に負けないでほしいと思っているのです。

そのためには、その喪失感を、なんとしても生産的な行為に結びつける必要があります。復縁も大事ですが、失恋に心を壊されないことも大事なのです。

彼にどう感じさせていたかを考える

その期間、なぜ別れることになったかを考えるのも重要です。復縁にも、次の恋をめざすにも。

貴女の成長につながりますし、また同じトラブルがおきるのも防げます。

POINT!

ポイントは「自分がどう感じていたか?」でなく「彼にどう感じさせていたか?」です。

 

自分の手札ではなく、相手の手札をみましょう。そこで気づくこともあるかと思います。

  • 自分の欲求や感情ばかり押しつけていた
  • 彼が疲れているのに気づかなかった
  • 彼が人生で求めているものを与えていなかった
  • 楽しませてもらって当たり前で、楽しませるという発想がなかった

これらが当てはまるかもしれませんし、当てはまらないかもしれません。貴女が悪くない可能性もあります。

とはいえ「相手にどんな不満を感じさせていたか(失恋の原因)」を考えるのは、無駄ではありません。心のなかを整理してみましょう。

ちなみに復縁を成功させた方からは、

フラれたときは自分のことばかり考えていました

という感想をよく聞いたりします。もちろん貴女には当てはまらないかもしれません。

これは過去をひきずるという話ではありません。逆です。むしろ「新しい貴女」になれるように未来の話をしているのです。そのために自分を振り返るのも有効だということです。

人生を前に進めるためにも、自分を見つめ直してみましょう。

いつか連絡するべきときがくる?

彼のことを忘れるくらい生きたり、新しい自分になれたとして。

では、いつ、彼に連絡をとるべきなのでしょう?

私としては「そのときがくれば自分でわかりますよ」と答えたいところです。言葉を変えると「貴女が〝自分は新しい自分になれた〟と確信できたとき」とも言えます。これは、はぐらかしているようですが真実です。

「あ、いま彼のことを忘れて楽しんでた」
「もう昔の私じゃなくなったなと感じる」

このように心からしっくりくるタイミングがあるものです。失恋直後の、慌てた心の状態ではなくなっていることに気づくでしょう。

とはいえ、そんなこといわれても困りますよね──心のどこかで覚えていてほしいのですけれど。

具体的な目安としては「半年」になります。
別れた男性が、ちょっとした自由を味わって、また寂しくなるころだからです。

POINT!

ポイントは、彼が、自然と貴女を思いだすことです。

 

ずるずる連絡しない方がいい理由はこれです。
半端に電話やLINEをしていると、貴女を思いだすというよりは、いつまでもプレッシャーの対象として感じることになるからです。

そのころに、さっくりと連絡してみましょう。ドキドキするのはわかります。しかし冷静になれている自分にも気づくはずです。

  • 復縁を狙うようなワードはださないこと
  • 年末年始などのタイミングはいいけれど、二人の記念日などはプレッシャーだからNG

この二点に気をつけてください。
あくまで「あ、ひさしぶり」くらいの感じです。

こちらの欲求を押しつけると、また彼は重さを感じてしまいますから。とはいえ、このたび自分磨きを続けた「新しい貴女」には、そんな心配も必要ないかとは思います──ですよね?

迷ったときは人生を前に進める方向にいこう

いかがでしょう。

やや抽象的な話になったことをお詫びいたします。一度終わった恋を復活させるには、どうしても心がまえの話をすることが必要だと思ったからです。少なくとも、全力で、貴女の役に立つことを願って書いたつもりです。

そして、もうひとつ謝らなくてはならないことがあります。

それは「すぐに効果があらわれる魔法のようなアドバイス」をご紹介できなかったこと。

貴女の心の痛みはよくわかります。だからこそ、すぐにも解決したいのですけれど。どうにも人の心が変わるには時間を必要とするらしいのです。

復縁は辛い作業だと思います。

しかし、どうか過去に縛られないでください。どうか迷ったときは未来に進む方向を選んでください。人生を前に進めてください。復縁が叶うとすれば──その道は──間違いなくその先にあるはずですから。

貴女の恋が叶えられることを祈っております。

 

マジシャン&恋愛コラムニスト

浅田悠介
(浅田さん@令和の魔法使い)

 

 

令和でいちばんの魔法使いをめざしている。得意ジャンルは、心理、恋愛、催眠、コミュニケーション系。女性情報メディアDRESSにて連載中の「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。2020年春に書籍&漫画化。

SNSでは恋に役立つツイートをしていたつもりが、なぜか「恋が叶うオンライン恋愛神社」と呼ばれだして、DM欄が恋に悩める乙女たちの参拝メッセージによって24時間ナイアガラの滝のように流れている。この瞬間にも流れている。流れている。

過去出演番組:『あほやねん!すきやねん!』(NHK

Twitter@ASD_ELEGANT