デートまで行った相手を傷つけずに断る方法5つ【マッチングアプリの恋活テクニック】

マッチングアプリで知り合った人と実際に会ってみると、イメージとは違ったり、会ってみたら「自分の苦手なタイプだった…」ということがあります。

そこで多くの人が、

婚活女子

次はデートの誘いを断って、綺麗に関係を終わらせたい…!
相手を傷つけずに関係を断ちたいと願うものですよね。

そこで今回は「相手を傷つけずにデートを断る方法」をレクチャーいたします!
この記事を読めば、これからの恋活・婚活にも影響を及ぼさないような断り方を身につけられます☆

婚活男子

デートを断って相手を怒らせたくない人に、この方法はぴったり。しかも自分の意思表示もちゃんと伝わるから、相手もこれ以上誘ってこなさそう!

ぜひ参考にしてみて下さいね。

他に気になる男性ができた

婚活を他のマッチングアプリを利用して続けていることをさりげなく伝えておきましょう。

相手のせいで断るのではなく、婚活を継続していたことによって他に気になる男性ができたことを伝えると、相手に大きな傷を与えなくても済みますよ。

恋活の覇者

謝罪の気持ちを表して

マッチングアプリでのやり取りを通じてデートまで繋がったということは、相手はあなたとの結婚も視野に入れていてくれた、ということです。

  • 相手の未来の想像や理想を壊してしまったことに対しての謝罪の気持ちはしっかりと表しましょう。
  • 「私の自分勝手さで…」と伝えることで、傷つく事なく次の婚活に進んでくれるはずです。

非はこちらにあるというスタンス

「私にはもったいなくて」とあなたの人としての質が相手よりも低いことで、相手のように素敵な人との付き合いは出来ないという趣旨で伝えてみましょう。

恋活の覇者

相手のことを一切責めることはしませんし、悪いのは私なの、と非があるのはこちら側であることを伝えると相手の自尊心を傷つけることはありません。

恋活女子

この伝え方なら、断るのが苦手な女性でも伝えやすそうですね。

暗黙の了解で乗り切る

「当分の間忙しくて」「仕事が楽しくなってきて」と断り文句である発言で相手に察してもらう断り方もあります。

察することができなくても「そんなに忙しい人とは結婚できない」と思われることも十分にありますよ。

POINT!

暗黙の了解である断り文句がたくさんありますので色々と活用してみましょう。

 

こちらから断ったというよりも相手からすると、自分で別れを判断したということにもなりますよ。

スパッと断ることで傷つかない!

  • ウジウジと相手を傷つけないようにと言葉を選びながら告げるよりも「もう付き合えない!」とはっきりとスパッと断った方が人は傷つきません。

同情されているのか心配をされているのか、と思うと悲しくなってしまいます。

はっきりと素直な感情でぶつけられる方が、結果清々しい思いになりますよね。

恋活の覇者

恋活女子

きちんと断った方が、相手の時間も無駄にしないで済みそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください